2016年9月23日

コンチネンタル・エンジニアリング・サービスは、CES部門の10周年を祝い、11都市で1,188名の従業員を含む9つの国でグローバルな "ビート・ザ・ボックス"チーム構築活動を行います。

ドイツの自動車大手コンチネンタル航空のCES部門の10周年記念誕生日に、世界11カ国9カ国で「ビート・ザ・ボックス」のチーム・ビルディング・アクティビティが開催されました。  Catalyst Globalチームのネットワークのメンバーによって組織された1,188人の参加者が参加しました。ビート・ザ・ボックスでは、各チームに一連のロックされたケースであるロックされたアルミボックスが提示されます。チームは一連のパズルや謎を解くことによって、ボックスを開いてから各ケースを開く必要があります。しかし、究極の目標は、グループがまとめて謎を解き明かし、目覚しい時計を止めることです!

コンチネンタルの活動は、ジェームスボンド映画の場面のようでした。コンチネンタルエンジニアリングサービスGmbHのマネージングディレクター、ベルント・ニッツェルは、刺激的な演技パフォーマンスで活動を開始し、すべての参加者が活動に参加するよう促しました。彼は彼らの使命について説明しました。ジェームズ・ボンドのアーチ敵がCES部のホームページをハックしていた。目標は、参加者がジェームス・ボンドの敵のスーパーヴィランであるErnst Stavro BlofeldによってハックされたCES部のホームページを回復することでした。 Blofieldは90分で会社全体を消滅させようとしていました!この災害を避けるために、グループはコードを解読してホームページを回復する必要があります。メキシコ、上海、バンガロール、ヴェスプレーム、ティミショアラ、フランクフルト、ニュルンベルク、レーゲンスブルク、インゴルシュタット、トゥールーズ、オーバーンヒルズの11カ所に1188人の参加者が参加し、コードを解読しようとしました。各チームは、パズルを解いてボックスを開くことに取り組みました。しかし、時間がたつにつれて、彼らはすぐに彼らの時計との競争において、謎を解くために他のチームと協力しなければならないことに気づいた。インテリジェントな創造的思考、チームワーク、コラボレーションを通じて、コードにクラックが発生し、ホームページが回復しました!

コンチネンタル出身の参加者は、楽しい時間を過ごし、他の都市の人々と協力することを学んだことを伝えました。チームがサイロで作業するために部門が多くの職場で分権化され、ベストプラクティスを共有しないことが多い作業環境では一般的です。経営陣は、ビート・ザ・ボックスは、この重要な問題を強調するための体験学習ツールを活用する素晴らしい方法だと感じました。これは、国際的に運営されている部門が共通の目的で一緒に「プレー」する絶好の機会を提供しました。この共有された経験は、将来にわたって長く反映されます。

ビート・ザ・ボックスは、ドイツのCatalyst グローバルパートナーの Spielgstelter の創設者Markus RueseとRene Wittekが開発しました。ビート・ザ・ボックスは、 Catalystグローバルネットワークを通じて世界中に配信されています。

グローバルイベントを開催する場合は、 info@catalystglobal.com までお問い合わせください。