sun life build a bridge

Sun Lifeは顧客サービスに焦点を当てる

Published on Jul 3, 2017

主要な金融サービス会社であるSun Lifeは、クライアントサービスを強調するチーム構築活動を探していました。 参加者とチームが同時にサプライヤーと顧客の両方である、Catalystチームビルディング活動であるBridging the Divideがイベントに選ばれました。 プログラムの複雑さを増すために、チームは巨大な高架環状橋を設計していますが、会議通話電子メールで顧客とのコミュニケーションしかできません。

その日に何が起こったのですか?

その日、チームにはブリッジの特定の部分が割り当てられました。 彼らには、取扱説明書、それぞれの部分を作るために必要な材料とツールが与えられました。 さまざまな役割が迅速に割り当てられ、リソースが評価され、建物計画が明確に引き出されたことが確認されました。

チームは計画を伝え、隣り合わせのビルディングで互いに協力して、すべての面が一致するようにしました。橋が角度と仰角で意図的に設計されたときは簡単な作業ではありませんでした。 チームは、会議通話と人間の電子メールコミュニケーション・ツールを活用して、データを交換し、情報を明確化し、検証しました。

締め切りが近づくと、チームは最終的な詳細を明らかにするために急いで、ブリッジの部分に仕上げのタッチを追加しました。 納品時に、チームは完成した部分を計画通りに構築されたことを確認した「クライアント」に持ち込んだ。 橋が組み立てられたときに興奮が起こり、笑い声が爆発しました。

フィナーレ

短時間のデブリーフィングセッションの後、午後の活動から経験と重要なイニシアチブを共有し、チームは橋の構造をテストするために部屋に戻りました。 Sun Lifeの最高経営責任者(CEO)は、橋の上で遠隔操作されるトラックを運転することを賞賛しました。 参加者たちの声援を受け、トラックは興奮した歓声と笑い声でうまくいった。

この活動は、顧客に「できること」の態度を提供し、特定のニーズを満たすために定期的に明確にし、検証する必要性を促進した。 大会全体は、壮大な円形の橋を持つグループ写真のために参加者たちが提出したように、統一された目標を達成するために何ができるかを示しています。

すべてのケーススタディ