24 hour worldwide go give

世界初の24時間トレジャーハント

Published on 2016/12/13 by エスター・ダニエル

"Go Giveは、Catalyst Globalによって開発されたもので、チームビルディングのソリューションを提供しています。

「一貫性のある本物のCSRプログラムを通じた贈与の概念を活用することは、相互に利益をもたらす解決策です。」とCatalyst グローバルのマーケティング責任者、エスター・ダニエルは述べています。利益は、従業員が組織的な寄付プログラムに参加したときに、通常、グループとして学習し、関与するプロセスが存在するという喜びを超えています。

イベントは12月12日午前6時にニュージーランドのオークランドで開始され、ニュージーランドのマウンガヌイ山で24時間後に終了しました。

世界中の日の出後、40カ国の52チームが午前中、喜びの宝の狩りで挨拶をし、時計とお互いに競い合い、可能な限り多くのチェックポイントの課題を完了させました。

これらのチェックポイント活動には、写真の課題、質問、ビデオの課題などが含まれていました。各チャレンジは特定のB1G1プロジェクトに関連しており、チームは各活動の完了時に与えたいプロジェクトを選択することができました。

全体的に、イベントは、リスクグループに栄養、薬物療法、および教育を提供するために働くように、タイ、バングラデシュ、マレーシア、インド、モルドバ、ネパール、マラウイ、ケニア、ペルーなどの国全体でさまざまな取り組みをサポートするために、152,013点の影響を引き上げ、植物縫製機械の女性、鶏を家族に提供し、灌漑システムを村に提供するなどの理由がありました。

賞は、全体的な勝利チームとして命名アイルランド、勝利のパートナーとしてインド、ドバイで、三つのカテゴリーを越え、最高pledgerを受賞しました。すべての人はB1G1プロジェクトに戻って自分の賞金を寄付しました。

さらに、全ての参加チームは、チーム最大のイベントで、ニュージーランドが受賞パートナーとして選択し、カンボジアへの今後のB1G1スタディツアーに参加する彼らのスタッフの一人のための場所を勝つために引き分けに入りました。チームアップイベントNZは今年1月、ジョアンナホールがセールスマネージャー、カンボジアでチームとCatalyst Globalを代表することを発表しました。特に東南アジアとカンボジアを中心にアジア学部を専攻した人にとっては賞賛に値します。

Hall氏は次のように述べています。「このツアーでCatalyst チームビルディングネットワークの大使になることを、誇りに思っています。この機会にCatalyst Globalに感謝します。Catalyst グローバル・ネットワークに代わって差別化を図り、当社の努力の効果を確認するチャンスは非常に有益です!」

Go Globalは、グローバルコミュニティに還元するだけでなく、Catalyst Globalネットワークのパートナーをより緊密に結びつけ、これまで以上に強固な世界トップクラスのチームを構築しています。

すべてのケーススタディ